FC2ブログ
SMクラブで働いている女の子達の過激写メ満載の日記
🦷短編集です!①



〜おねショタ〜
"おねえさん、ママに内緒で遊んでくれる?"


小さい頃、隣に住んでいたアツシ君。
5歳と私が高校2年生で、おねえさん、おねえさん…と、とても懐いてくれていた。小学4年生まで一緒にお風呂にも入っていた。

アツシ君は私にバレていないと思いながら、お風呂を覗いたり、お○ぱいやおま○こをよく見ていた。私も途中で気づいて、よく見えるようにいやらしく見せていた。

また、私が自慰している時、隠れてちっちゃいおち○ちんをしごいていた。よく見せるようになってから私も興奮を覚えて沢山濡れて、見られてイク気持ち良さを覚えてしまった。


ある日、アツシ君とお家で遊んでいる時。
ちょっかいを出したくなってきてしまった。

アツシ君、お姉さんと内緒のお遊び、する?

"え、内緒のお遊び?お母さんには内緒にしてくれる?"

もちろん、誰にも内緒だよ、、、
こっちにおいで?

私はアツシ君の唇を優しく塞いだ。
"んっ!んんんっ!"
可愛い声で鳴く、、、
お姉ちゃんのお口と舌で沢山気持ちよくなってね?

ぺろ、ぺろぺろ、、、
上唇、下唇、歯茎、歯の裏、舌の横、、、
唾液を沢山含ませて、
くちゅくちゅくちゅくちゅ ゆっくり撫で回した。

続く、、、

【大橋 透子ちゃんの働くお店はこちら】

スポンサーサイト
[PR]



コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




プロフィール

SMGIRLDIARY

Author:SMGIRLDIARY
SMクラブで働いているちょっぴりMな女の子達の変態体験!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスカウンター


検索フォーム


QRコード

QR